読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FROM ME TO YOU

oh my bizarre life !!

遥かなる水の音 – 村山 由佳

f:id:fmty_keita:20150513233652j:plain

村山由佳の作品は高校の頃に天使の卵かおいコーシリーズのどちらかでハマって、ほぼ一通り読みました。

なんとなく読み返したくなってこちらを再読。

数年ぶりに読んだ前作のダブルファンタジーが女性の性欲求に大胆に切り込むという、これまでの村山由佳の作品とは大きく違う作風なのに驚き(良し悪しですね)ましたが、本作はそこまで露骨な描写もなく、のめりこむことができました。

本作は異国情緒の描写が素晴らしく、地中海からアフリカの風景や匂い、音までもが目の前に広がるようでした。

僕は村山由佳が描く異国の風景が大好きで、恋愛は二の次かもしれません。

野生の風のアフリカ、翼のアリゾナ、青のフェルマータのオーストラリア、本作のモロッコ…

改めて考えてみると、僕が「いつか行ってみたいなぁ」と思っていた国の大半が村山由佳作品ですね(笑)

おいコーシリーズには手を出さなあかもしれませんが、しばらく村山由佳作品を読み返したいと思います。

そういえば。

本作でパリに旅行にきたフラワーコーディネーター志望の女の子二人組って同じ村山由佳作品の「すべての雲は銀の」に出てきた美里ちゃんと花綾ちゃんなんですね。

村山由佳作品でこういうコラボ?はあまりないような気がしたので新鮮でした。

遥かなる水の音 (集英社文庫)

遥かなる水の音 (集英社文庫)