読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FROM ME TO YOU

oh my bizarre life !!

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) 文庫 – 三上 延

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

久しぶりの栞子さん。

これまでは一冊の中で3、4冊の作品をそれぞれテーマにして構成されていましたが、今回は太宰治一本でした。

一巻から続く太宰治の「晩年」を巡る因縁もようやく完結。 後半の謎解きは相変わらず圧巻の一言です。 (この間読んだその女アレックスより何倍も見事でした)

ビブリアの物語もそろそろ大詰め。あと1、2巻で終わりのようです。 もっと長く楽しみたいと思う反面、ダラダラと続くなら綺麗に終わった方がいい気もして。 複雑な心境です。

2015年中には次巻でるかな? 楽しみに待ちたいと思います。

古典部シリーズまだー?)