読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FROM ME TO YOU

oh my bizarre life !!

その女アレックス (文春文庫) 文庫 – ピエール ルメートル

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

おまえが死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理作家協会賞受賞作。

普段はこの手のサスペンスミステリーを読むことはないんですが、書店やレビューで絶賛してたので気になって読んでみました。

ネタバレ必須!という謳い文句とわかりますし、確かに色々と「そういうことだったのか!」という驚きもあったものの、なぜここまで騒がれているんだろう?というのが正直な感想です。

元々ミステリーを読む習慣がないので読み方が拙いのかもしれません。 物語に入っていけなかったというか。

もう少しサスペンスものを読み慣れたらまた評価は変わるかもしれませんが…

他のレビューを調べていたところ、僕と似たような感想を書かれている記事を見つけました。

僕は「日本の方が上」と言えるほど読書を重ねているわけではないのでコメントできませんが、冨樫や西尾維新の見事な伏線回収に慣れていると物足りなくなるのもしれませんね。