読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FROM ME TO YOU

oh my bizarre life !!

ちょっと変わったママのためのフリーペーパー「RMaMa」を読んだ

f:id:fmty_keita:20140709000411j:plain

「母親だってもっと自分のために楽しんだっていい」 ママのためだけど家事育児のことを一切載せないフリーペーパー

Twitterでいつもやりとりしている @sayaaaaan さん(本業はオシャレマタニティウェアのオーナー兼デザイナー)が編集長となって発刊されているフリーペーパー「RMaMa」が電子書籍で読めるようになったらしいので、早速読んでみました。

「ママのためだけど家事育児のことを一切載せない」というテーマの通り、家事や育児の合間にリラックスできるようなお店や施設の紹介が多くて、ママ向け雑誌なのに関◯ウォーカーを読んでるような感覚になりました。
(関◯ウォーカーなんて何年も読んでないので少し懐かしかったw)

あと、この3号はTENGAが取り上げられていて、普通の雑誌だとまず見かけないような夫婦間の性生活について結構深く特集していたのも興味深かったですね。

とはいえ、「男性は下ネタは話しても自分の性生活を話すのに抵抗がある」とよく言われるように、あまりにもオープンすぎて読むのがちょっと恥ずかしかったのも事実です。
まぁそのオープン具合も普通の雑誌と違う、RaMaMaならではの魅力なのかもしれませんが(笑)

僕は読むのが結構恥ずかしかったんですが、女性側はどんな感想になるのか少し気になります。
女性向けのコラムを男性の僕が読むから恥ずかしく思うのか、性生活の話題だから恥ずかしく思うのか…
実本をWeb注文して妻に読んでもらおうかしら。

パパ向けの育児雑誌なんてほぼ皆無ですし、Webサイトもブランド系の物販サイトか男性の育児参加はかくあるべき!みたいなWebサイトもばっかりなので、RMaMaみたいなパパ向け雑誌があるといいなと思ってみたり。

家事育児のことを一切載せない…とまではいかないまでも、「河原でBBQするならココ!」とか「子供と一緒に釣りをするには」とか「うまく火を起こすには」みたいなヘッポコパパ向けの雑誌やがサイトがあると個人的にはとても嬉しい(笑)

ちょっと話が脱線しましたが、RMaMaは今後がとても気になる雑誌であることは間違いないです。
次の4号を心待ちにしたいと思います!

ママのためだけど家事育児を一切載せない埼玉のフリーペーパー!(林 紗矢香)

めちゃステマっぽいなこの記事…w