読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FROM ME TO YOU

oh my bizarre life !!

『星を継ぐもの』 - ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

ジェイムズ・P・ホーガンの『星を継ぐもの』を読んだ。最初の1ページからラストまで怒涛の勢いで読ませてくれる、ハードSFの最高峰の名に恥じない素晴らしい1冊であることは間違いない。

月面で5万年前に死んだと思われる死体が発見された。チャーリーと名付けた謎の死体はなんと身体構造が現在を生きる人間とほとんど同じ構造をしていたという。現在を生きる我々現生人類、月面で発見された5万年前の人類<ルナリアン>、そして木星で見つかった2500万年前の遺跡で発見される謎の巨人<ガニメアン>—- 過去の謎を解いていく中で現生人類のミッシングリンクに迫る壮大なストーリー。

ルナリアンと現生人類との謎自体は読み進んでいく中で予想できた範囲でしたが、解明に至るまでの描写が圧巻。僕が考えていた予想がいかに浅はかだったかというのを痛烈に思い知らされました。そして、全ての謎が解けた最後の最後、ラスト1行を読んだ瞬間にハンマーで頭を叩かれたような衝撃がありました。この読後感は未読の人が羨ましく思えるほどです。

ハードSFというジャンルに漏れず専門的な単語や技術がいくつか出てきますが、ゆっくり咀嚼しながら読んでいけば十分楽しめる範囲ではないでしょうか。

『星を継ぐもの』も『ガニメデの優しい巨人』、『巨人たちの星』と続いていくとの事なので、引き続き読み進めたいと思います。

そういえば、木星に関係するSF映画やアニメは数多くありますね。超時空要塞マクロスゼントラーディ2001年宇宙の旅モノリス機動戦士Zガンダムのジュピトリス、機動戦艦ナデシコ木星蜥蜴などなど。木星はSFファンを引き付ける何かがあるのか もしれませんね。